あなたは撥水剤と親水剤の使い分けは出来ていますか?

「そもそも親水剤って何?」って方に簡単に説明すると、撥水の逆の効果が出るものでガラスにべとっと水滴が付くような状態にするためのガラスコーティングです。

撥水剤ではじきたいのに何でこんなものを?という疑問は途中で答えていますので、まずは撥水剤はどこを利用するべきか、これをみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

zubatto4

フロントガラス周りは撥水剤でOK!

撥水剤の代表格「ガラコ」はcmであるようにフロントガラスは鉄板です。

これはフロントガラスに風が当たるので、走行風によって水滴を吹き飛ばすわけです。

つまり、撥水効果は走行風が当たるかどうかで使い分ける必要があるということになります。

逆に撥水されてしまって風が当たらない状況はどのような弊害があると思いますか?

撥水ではダメな理由について

撥水すると小さな水玉になりますので、特に夜の暗いときに対向車のライトが乱反射して視界が悪くなることがあります。

つまりせっかく撥水性を高くしても、水が切れないとしたら逆に困るということになります。

この困る場所というのが、サイドミラーとリアウインドーということになります。

よくサイドミラーに玉状の水滴が付いていることを見かけますが、これは撥水剤の間違った使い方ということになります。

風が当たらないリア部分は親水剤を利用する

私も昔は撥水剤は車のガラス部分にとにかくつければよいだろうと考えていたのですが、夜間の駐車などで全く後ろが見えないなんていうことはありませんか?

サイドミラーについてはさきほどお話したとおりです。

つまり、風が当たらない部分については撥水させてしまうと困ってしまうわけで、そういった場所では親水剤を利用するということになります。

サイドミラーでは好みが分かれますが、撥水だけはさせないようにしてください。

親水剤では、下部分に水がたまるような形になるので若干視界が悪く感じられますが、何もつけていないよりも良いという意見もあります。

親水剤をリア部分で試してみて、水切りが気に入ったらサイドミラーで試してみてください。

サイドウインドーだけ特に注意が必要

ここまでみてきたように、風が当たるかどうかで撥水させるか親水させるかの判断になります。

ではサイドウインドーはどうでしょうか。

実は風が当たらないのがサイドウインドーの特徴です。

ですから、多くの方は間違えて撥水剤を塗ってしまいますので、なかなか横が見えづらくなってしまうわけです。

このような状態になってしまった車を見つけるのは簡単で、水玉状の水が付いてしまっていればその車は使い方を間違えてしまっているということになります。

もちろん、視界が悪いのでそういった方がどうしているかというと窓を開けて閉めるという方法ですね。

もしかするとあなたもそうではありませんか?(笑)

こんな心配も親水剤を利用することで解決できるということになります。

車によってはサイドガラスも走行風が当たるような場合がありますので、そういった場合は撥水で大丈夫です。

ただし、ほとんどの車はサイドガラスに走行風は当たりにくくなっていますので、親水剤を利用するべきでしょう。

つまりまとめると、撥水剤と親水剤の使い分けはこのようになります。

 

  • フロントガラス:撥水剤
  • リアガラス:親水剤
  • サイドガラス:ほとんどの場合親水剤
  • サイドミラー:何もつけないか親水剤

 

撥水剤のほうがガラコのテレビCMイメージでだいぶ強くなっていますが、親水剤をしっかり使い分けるようにすることが車の視界が快適になりますのでお試しください。

以上、あなたのカーライフにお役立てください。