車の保障期間は新車購入時から3年または走行距離が6万kmが一般的です。

 

多くの場合にはこの保証期間中に故障してしまうことはまれですが、車使用とともに故障の可能性が高くなっていくことを考えると延長保証はユーザー有利なものに見えますが実際のところはどうなのでしょうか。

 

こちらでは、どんな人が保証を延長すると有利かをお話していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

zubatto4

延長保証は車利用が多い方にオススメ

結論からいうと走行距離を多く走る、つまりは車を良く場合は保証期間を延長しておくと有利です。

 

走行距離が多いということと期間の延長では話が違ってくるのでは?と思いますが、走行距離を走ったときの消耗が気になるので、将来期間に対しての保証という意味ではよく走る人ほど保証を必要とするということになります。

 

期間延長は3年から5年に延ばし、走行距離もそれに伴って6万kmから10万kmに延長されます。

 

ここまでの保証と異なり、エンジンやブレーキなどは5年・10万kmの保証がされているわけですが、これも7年に延長するものもあるので、こちらも同様に良く走る人にはオススメです。

メーカーは損をしていないのか

3年を5年に延長するときには7000円から10000円前後の支出で延長できるのですが、これはメーカーが損をしているのでは?という疑問があります。

 

うまい話には罠があるなんていいますから、裏ではどのようになっているのか気になるところでもあります。

 

しかしながら、これについても心配は要らず、日本の工業製品の耐久性を考えると保証したとしても問題ないのでしょう。

 

保険と同様で、故障率が高いものについては高いお金を徴収するはずで、もっぱらこの保証自体を収益にするというよりは販売促進のためにやっているケースがほとんどですから、それほど気にせず必要ならば利用したらいいと思います。

延長保証の期間

途中で少し話しに出ましたが、通常の状態では新車購入から3年経過か6万kmのいずれかが超えたときに保証期間は終了してしまいます。

 

これを期間については3年から5年に、走行距離に関しては6万kmから10万kmに延長するものが保証延長の中身となります。

 

これとは別にブレーキとエンジンは別扱いで、最初から5年・10万kmである場合が多いです。

 

なお、レクサスの場合は最初から登録から5年、走行距離10万kmとなっています。

保証内容についてはよく確認すること

最後に保証期間を延長するのは、故障のリスクは小さくてもその被害は大きいので安価で備えておける延長保証は良い選択ですが、保証条件については必ず確認するようにしましょう。

 

保険などの支払いと同じで適用できる条件が細かく決まっている可能性もあり、いざというときに適用外ではがっかりするだけです。

 

まとめると、保証延長に関しては走行距離を多く走る人にオススメで安価であるから悪い取引ではないのですが、条件については細かく確認しておくようにする、ということになります。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。