ホイールにキズがないのはかなり車を上手に乗っているか、ほとんど乗っていないかのいずれかでしょう。

しかしながら、普通に車を使っていたらそれなりにキズが付くものです。

このようなキズって車を売るときにどの程度査定に影響があるのでしょうか?

現在の車では、ホイールキャップを装着した簡易的なホイールは少なくなってきていて、純正でもそれなりのホイールが付いているケースが多いです。

こちらでは、ホイールの傷が車を売るときの査定に影響するのかという点についてみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

zubatto4

爪が引っかかる傷かどうか確認

キズの深さによって査定への影響が変わってきますので、基準としては爪でなぞったときに引っかかるものはマイナス査定です。

爪でなでて引っかからないようなキズであれば査定に影響はほとんどないでしょう。

キズの深さによって査定額への影響を考えるのは実は合理的であり、販売店側の都合だったりします。

次に傷の大きさによって査定への影響が変わるということについてみていきます。

なぜ小さいキズは問題ない

ホイールの傷が小さい場合には査定での減額が少ないのはどうしてなのでしょうか?

その理由は、小さいキズは修理のプロならすぐに回復させることが出来る可能性があるためです。

もちろん、素人でも現在はDIY店やカー用品店にあるホイールキズ回復キットのようなものを使えばすぐに直すことが出来ます。

ただし、せっかく綺麗に直そうとしても失敗してしまうとそれはマイナス査定につながってしまう可能性があるので、長く乗るつもりでの修理ならまだしも、売るために行う必要はありません。

大きなホイールのキズについても同様です。

大きなキズを放置したほうが良い理由

大きなホイールのキズも修理が出来ないかといえばそんなこともなく、キズの状況次第ではありますが回復させることが可能です。

ただし、小さなキズ以上に失敗する可能性が高いのです。

実は車買取店には修理のプロが控えていて、こういったキズを綺麗に修理することも可能なのです。

ですから、確率的な問題も絡んできますけれども、多くのケースでは査定額が下がったとしても自分でホイール修理をして失敗したときにはさらに査定額が下がる可能性があるために、そのまま業者に引き渡したほうが良いというわけです。

ならば、あなたが修理専門の業者に依頼するのがよいかというとこれもよくありません。

なぜかといえば、修理を無事出来たとしても掛かった費用以上に査定額を上昇させるのが難しいためです。

というのも業者は自社で修理工場を持っているケースや業者価格で修理を依頼することが可能なのです。

あなたは一般価格で修理を依頼しても、業者価格で依頼できる買取店が行う査定で有利になるとは考えられませんよね?

ですから、様々な可能性はありますが、全部ひっくるめると修理しないで査定に出すほうが良いということになります。

直すことも出来るがそのまま査定に出すほうが良い

見えているキズはちょっとした修理をすれば査定額が上がるのではないか?なんて思いますけれども、実はそれほど効果があることも無いのが現状です。

正直に申し上げると、買取店が気になるのはあなたの車の走行距離や色などが業者オークションの相場でいくらになっているかどうかと、修復暦があるのかどうかというところです。

つまり、根本的に儲けを出す部分に直結しないのがキズ関連で、話にあげるときには査定を減額させて自分の利益を上乗せさせる口実だったりします。

これを防ぎたいと考えてちょっとした修理をするのも分からなくないですが、そこまで劇的に査定額が上がるわけでもなく、ただ小言を言われない程度でしかないことを再確認して欲しいのです。

車を高く売るために必要なことは、安く買われないように業者間競争状態を作ることであり、あなたと業者の交渉ではなく、業者間の価格争いにすることで高く売れることです。

つまり、このような状況下であればホイールの小さなキズなんてそれほど気にならないですし、多少深いキズであってもこれを材料に減額している場合ではなくなります。

まとめると、ホイールのキズは修理してもよいですが、車を高く売りたいなら業者間の査定額競争状態にすることに力を入れたほうがよいです。

査定額の争い状態になればそんな小さな減額を行っている余裕なんてありませんからね^^;

ホイールに多少キズがあったとしても車を高く売るためには、ホイールのキズをどうにかするということはあまり重要ではないのです。

車を高く売る上でお役立てください。

[ateam]